薄毛にはそれぞれの特徴があり、範囲があります。

この部分だけ自毛植毛したい、また全体的に植えなければいけないといったとき、同じ施術方法ではできることとできないことがあります。



カウンセリングと診察を行って最終的には医師が決めることになりますが、事前にそのことを知っておいた方が良いでしょう。

BIGLOBEニュース情報を簡単に調べられます。

まず部分的に自毛植毛をしたいのであれば、FUEがおすすめです。

自毛植毛情報といえばこちらです。

ひとつの株をドナー部分から取り出し、必要な部分に植えることになります。この施術方法はメスを使わないで特殊な穴をあける器具で植えますので、傷跡も目立ちにくいです。
広範囲に植えるのであれば、FUTが推奨されています。


この自毛植毛はメスを使って頭皮ごと取り除き、あとは顕微鏡を使って小分けし、必要な部分に植える方法です。


ドナー部分を頭皮ごと取り除きますので、当然メスを使い傷跡も目立ちます。

植える範囲によって、どちらの施術にメリットがあることがわかるでしょう。

たとえばメスを使わないFUEを広範囲でするとなると、施術が終わるまでに長い期間がかかります。

それだけ患者さんの精神負担も大きくなります。


一方広範囲にFUT施術を使うのであれば、短時間に終わりますので、それだけ患者さんにメリットが多くなります。このようなメリットを十分に生かして、自分に合った自毛植毛を選ぶことが大切です。

最終的な判断は医師に委ねられますが、自身の意志もありますので、事前に施術方法は知っておきましょう。